歩合給制には残業代はないのか

歩合給制では労働の成果に応じて給料がもらえる仕組みだから、残業代などというものは一切関係がないと思っている人はいないでしょうか。

確かに通常の意味での残業代、つまり1時間余分に仕事をしたから1時間分のお金が追加でもらえるというような意味では関係はありませんが、一切何の関係もないかというとそんなことはありません。もし自分が歩合給制で仕事をしていて、残業をしたにもかかわらず給料明細にはそれに関係するような項目が全くないというのであれば、未払いの可能性があります。

というのは、労働基準法上、労働時間は1日8時間、1週間に40時間までと定められており、これを超えて働いた分は残業となります。そして、残業した分の賃金は、時給の最低でも25%増しとして払わなければならないと定められているのです。これは歩合給制であっても例外ではないのですが、知らない人も多いようです。

つまり、歩合給であっても残業した部分については割増の賃金をもらえるということです。歩合給の場合、そもそも時給制で働いているわけではありませんが、だからといって実績をもとにして時給を計算することができないはずがなく、実際、そのようにして平均時給を算出します。

そして、残業1時間につきその平均時給の25%に相当する割増賃金を残業代として支払わなければ労働基準法違反なのです。もし自分の給料明細書を眺めてどう見てもこれに相当するお金が支払われていないということであれば、それは未払いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です