歩合給制とその残業代

歩合給制というのは仕事の成果、出来高に応じて賃金が支払われる制度ですから、残業をしてその分だけ追加の成果を挙げることができればその分が給料に反映されることになります。

それが残業代に相当するといえばそのとおりです。一方で、いくら残業をしてもその間に何の成果も挙げられなかったのであれば給料は変わりません。これは残業であろうが通常の業務であろうが同じことでしょう。

ただし、歩合給制であっても残業代には割増賃金を支払う必要はあります。通常は平均時給の最低でも25%増しに相当する賃金を払わなければならないのですが、歩合給制の場合は基本給に相当する部分の賃金は歩合給に含まれていると考えられますから、残業代としては単に最低25%の割増分だけを支払えばよいことになっています。

平均時給の算出方法ですが、普通の働き方をしている人は基準内賃金を所定労働時間で割ることで計算できますが、歩合給の場合はこれとは異なる方法で算出します。つまり、その人が1ヶ月間に稼いだ賃金の総額を、残業時間も含めた総労働時間数で割ることになります。

残業時間も含めてその金額を稼いだという考え方で、これによってその人の平均的な時間給が算出できるということになります。とはいっても、普通の働き方をしている人と歩合給の人とで特にどちらが有利とか不利とかいうようなことはありません。

一定の時間内では平均すれば基本的に一定の成果を挙げられる人であれば、どちらの方法で算出しようが給料総額は同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です