残業代請求をするための手続き

様々な会社において空残業やサービス残業と呼ばれる残業代がつかない残業と言うものが存在しています。

このような働き方は違法であり認められるものではありませんが、様々な事情からそのような活動しなければ仕事が回らない状況があるのです。このような問題が発生した場合、最終的には労働契約上の争いになることがあります。

話し合いがうまくいかなくなると言う事はよくある話ですが、このような法律の要素が含まれることになるテーマを話し合うのであれば、専門家に仲介してもらうということが非常に有効になる場合が多いです。そのような場合に最終的に行われることになるのが残業代請求と呼ばれる手続きです。

自分自身で行うこともできますが法律の専門家に対応を委託することも可能です。法律上は二年間は労働記録について保管しなければならない義務と言うものが存在しています。残業代請求するにあたっては一定期間の範囲内で行わなければならないものであるといえます。

最終的に法的な手続きをすることになる場合であっても、可能な限りは話し合いで解決した方が良い問題であることには変わりません。しかしながら法律の解釈を含め物事をスムーズに進めていくためには専門家を交えて話をした方が簡潔である場合が少なくないのです。

残業代請求を行うにあたってはどのような働き方をしてきたのかを明らかにする必要がありますので、しっかりと準備をして臨むことが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です