残業代の未払いが生じている場合に獲得する方法

残業代の未払いという問題は、年々増加の傾向をたどっており、今や大変深刻な社会問題ともなっています。

基本的に、残業代は企業が従業員に対して支払う義務があるものであるため、未払いの問題が生じているなら、是非ともふさわしい手順を踏んで確実に獲得できるようにすることができます。基本的に言って、企業側には法令を順守するという意識があるため、可能であれば従業員が直接企業側と話し合うことができます。

その際、自分の部署や業務、また現状について明確に話し未払いの残業代を請求すると同時に、こちらも交渉が可能であるという歩み寄りの姿勢やお願いする姿勢を忘れないようにしましょう。残業代が未払いであることを示すきちんとした証拠があれば、社外の相談先として労働基準監督署に申請することもできます。

何らかの費用が発生する心配もなく、提出された証拠をもとに正確な金額の計算も行なってくれるため、安心して利用することができます。より確実に未払い分の残業代を支払ってもらおうと思う際には、裁判所に訴えを起こすという方法をとることができます。この方法では確実に取り戻せる反面、裁判で表立って争うことになるため、事前にいろいろな要素を慎重に考慮して決定することができます。

労働審判で請求するという方法もあり、この場合は比較的短期間で解決できると言われています。これには法的な効力もあるため、ほとんどの雇用者がその決定に従うことが予想され、迅速な解決へと導かれると期待することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です