残業代が未払いの問題を考えよう

残業代未払いの問題は、自分だけではないし諦めるしかないと思っている方もいるかもしれません。

ですが残業して自分が働いて稼いだお金ですが、給料として受け取る権利があるお金です。だからこそ、問題をそのままにするのではなく、自分から動いて問題を解決しようという姿勢も大切です。残業代未払いの問題についてですが、スムーズに問題を解決するためにも、証拠が必要です。

自分の勤務実態と残業をしたのにその分の対価が支払われていないという証拠を集めます。証拠になるものが何かわからなければ、弁護士などの専門家に相談するのも1つの手です。専門家に相談することで、残業代未払いの問題にスムーズに対応することにもつながります。また残業したのに支払われていないお金というのは、支払ってもらうための期限が2年となっています。

そのため過去に支払われていないお金があったとしても、2年間請求しないと時効を迎えます。時効を迎えたお金は受け取ることができないので、残業したのに支払われていないお金があるのなら、早めに請求するようにしましょう。残業代未払いの請求をすると、今の職場で働きにくくなることを心配している方もいるかもしれません。そのような方は、思い切って転職してから請求するのも1つの手です。

退職した後の会社に請求するのであれば、職場で働きにくくなるというリスクを気にする必要はありません。退職後であっても、2年間の時効内であれば、未払いの残業代を請求することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です