残業代が未払いとなる要因について

残業代の未払いについては、新聞や雑誌で大きく取り上げられることが、しばしばありますが、そこには会社側が「業務」の定義を誤って解釈してる場合も見受けられます。

そのため、後になって多額の残業代を請求されることも少なくありません。例えば、社員の業務研究会について、管理者が出席して半ば強制的に開催しているにも関わらず、自主勉強会として残業代を支払っていないケースが散見されますが、これは明らかに労働時間に当たります。

このように、社員の労働時間については、企業ごとに独自の解釈がなされ、未払いとなるケースが散見されることから、厚生労働省は、労働時間の定義についてガイドラインを示して注意喚起を行なっているところです。今後は、これらを企業がどのように受け止め、現場の管理監督者に落とし込み、適正な運用を行なっていくかが大きな課題となっていますが、一部では未だに未払いとなる運用を続ける企業もあります。

ここ数年、社員の長時間労働は社会問題としても取り上げられているところですが、その背景には、必ずといっていいほど、残業代の未払いが顕在化しています。言い換えれば、社員の勤務時間を適正に管理している企業であれば、未払い残業代の問題も起こりませんし、長時間労働による健康被害やメンタル疾患といった問題も起こりません。企業の目的は、利益を上げていく子とですが、そのためには社員の健康管理を目的とした勤務時間管理が必要であることは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です